人気ブログランキング |
中古レコードとウェアの店 ACEWAXCOLLECTORS
by acewaxcollectors

検索
FAQ
商品に関するお問い合せ
等はこちらよりどうぞ。
ブログパーツ
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
ブログジャンル
by acewaxcollectors | 2019-01-31 22:53 | GROOVE JAZZ | Trackback | Comments(0)

King Curtis ‎– Jump Back / Something Wrong With My Baby

c0212161_20320369.jpeg


King Curtis ‎– Jump Back / Something Wrong With My Baby ’67 Atlantic
A-side. Jump Back

Price:650yen レコードのご注文及び詳細はこちら

by acewaxcollectors | 2019-01-26 20:26 | GROOVE JAZZ | Trackback | Comments(0)

Jack Wilson ‎– Something Personal

c0212161_00505837.jpeg
シカゴ出身のピアニスト、ジャック・ウィルソンブルーノート初となる66年リリース作「サムシング・パーソナル」
プロデューサーはEmArcy Jazzのディレクターでもあるジャック・トレイシー、ピアノトリオに前作「Plays Brazilian Mancini」でも共演したロイ・エアーズのヴィブラフォンを加えた編成で、レイ・ブラウン(b)も参加。録音はヴァンゲルダーです。
プロデュースをデューク・ピアソンが務めた次作「Easterly Winds」のほうがポピュラーのようですが、より彼らしいダイナミックな演奏が堪能できる本作。収録曲はオーネット・コールマン「The Sphinx」とB2以外はジャックのライティングによるオリジナル・ナンバーで、個人的ハイライトは最もジャックらしいピアノ・プレイが聴ける「PM5時のハーバー・フリーウェイ」~本作きっての高速チューンのラストでしょうか。前作でブラジリアンを演奏していたのも納得のエレガントさで、ロイさんもええ仕事していまス!

Jack Wilson ‎– Something Personal '66 Blue Note

A1. Most Unsoulful Woman
A2. The Sphinx
A3. Shosh
B1. Serenata
B2. Harbor Freeway 5 P.M.
B3. C.F.D.

Credits;
Bass – Charles Williams, Jr. (A1, A2)
Bass, Cello – Ray Brown
Design [Cover] – Reid Miles
Drums – Varney Barlow
Liner Notes – Leonard Feather
Mastered By – Rudy Van Gelder
Photography By [Cover] – Ken Kim
Piano – Jack Wilson
Producer – Jack Tracy
Vibraphone – Roy Ayers

- その他のジャック・ウィルソン作品 -
Jack Wilson「Innovations」('77 Discoverly)

Price:2400yen レコードのご注文及び詳細はこちら

by acewaxcollectors | 2019-01-22 00:27 | GROOVE JAZZ | Trackback | Comments(0)

Pete Christlieb / Warne Marsh ‎– Apogee

c0212161_23454147.jpeg
ロス出身のピート・クリストリーブとリー・コニッツとの諸作でも知られたワーン・マーシュ、二人のテナー奏者による78年リリース共演盤!
プロデュースはスティーリー・ダンの二人で、アレンジは秋吉敏子のグループとセッションした経歴を持つジョー・ロクシサーノ(A1 to B1)が担当しています。
本作を聴いた印象は、アメリカっぽくないECMあたりを思わせるクールなサウンドで、個人的にはアレンジャーのロクシサーノのペンによる高速チューンのB1が白眉!全体的に耳馴染みの良いアルバムでス。

Pete Christlieb / Warne Marsh ‎– Apogee '78 Warner Bros.

A1. Magnatism
A2. 317 E. 32nd
A3. Rapunzel
B1. Tenors Of The Time
B2. Donna Lee
B3. I'm Old Fashioned

Credits;
Arranged By – Joe Roccisano (A1 to B1)
Art Direction – John Cabalka
Bass – Jim Hughart
Coordinator – Karen Stanley
Design – Richard Mantel
Drums – Nick Ceroli
Engineer – Roger Nichols
Liner Notes – Robert Palmer
Mastered By – Robert Ludwig
Mixed By – Elliot Scheiner
Photography By – Benno Friedman
Piano – Lou Levy
Producer – Donald Fagen, Walter Becker
Tenor Saxophone – Pete Christlieb, Warne Marsh

Price:1000yen レコードのご注文及び詳細はこちら

by acewaxcollectors | 2019-01-21 23:37 | GROOVE JAZZ | Trackback | Comments(0)

Cal Tjader ‎– Moneypenny / My Little Red Book

c0212161_18570611.jpeg
ミッソーリ州セントルイス出身。デイブ・ブルーベックのトリオではドラムスを、ジョージ・シアリング・バンドではヴァイブとパーカッションを担当し、その後は自らラテン色の濃いグループを結成して活躍し、膨大な録音も残した器用人のカル・ジェイダーがバカラック・ナンバーを吹き込んだアルバム「Cal Tjader Sounds Out Burt Bacharach」からのカット。
今回の7インチに収録の2曲のアレンジはマイケル・アベンで、A面曲はアルバムの冒頭を飾ったおそらくバカラックの書き下ろしナンバー。
カップリングはManfred MannがオリジナルLoveのバージョンでも知られた「My Little Red Book」カバー。個人的には洒落おつで一番お気に入りのバージョンでス。

Cal Tjader ‎– Moneypenny / My Little Red Book '68 Skye
A-side. Moneypenny

Credits;
Arranged By – Mike Abene
Bassoon – George Berg, Joseph Grinaldi
Drums – Jim Keltner
Electric Bass [Fender] – Harvey Newmark
Engineer [Gotham] – Eddie Rice
Engineer [Western] – Andy Richardson
Flugelhorn – Marvin Stamm
French Horn – Ray Alonge
Guitar – James Helms
Oboe – Lew Del Gatto
Organ – Mike Melvoin
Producer – Gary McFarland
Reeds – George Marge, Jerome Richardson, Jerry Dodgion, Walter Kane
Trombone – Garnett Brown
Vibraphone – Cal Tjader
Violin – Albert Wagner, Henri Aubert
Written-By – Bacharach And David

- その他のカル・ジェイダー作品 -
Cal Tjader「Soul Sauce」('64 Verve)

Price:1800yen レコードのご注文及び詳細はこちら

by acewaxcollectors | 2018-12-27 18:47 | GROOVE JAZZ | Trackback | Comments(0)

Lou Donaldson ‎– Sassy Soul Strut / Pillow Talk

c0212161_12044917.jpeg
JAZZ名盤「バードランドの夜 vol.1」の録音にも携わったノースカロライナ出身のSAX奏者、ルー・ドナルドソンが同年リリースしたアルバムからのタイトル・カット。
タイトル曲はシレルスやニーナ・シモンヒューストン・パーソン等との仕事で知られ、本作のアレンジと指揮を手掛けたホレス・オットのライティング。まさしくタイトル通りの賑やかな南部フィーリングソウル・ストラット・チューンで、Badder Than Evil「Hot Wheels (The Chase)」でサンプリングされています。
カップリングはエロSOUL名曲のシルビア「ピロー・トーク」カバー。本家よりは爽やかなエロ具合ですがw中盤以降のドナルドソンのサックスが行為をしているようなアドリブで結局エロいっスww

Lou Donaldson ‎– Sassy Soul Strut / Pillow Talk '73 Blue Note
A-side. Sassy Soul Strut
B-side. Pillow Talk

Credits;
Arranged & Conducted By – Horace Ott
Producer – George Butler

- その他のルー・ドナルドソン作品 -

Price:1500yen レコードのご注文及び詳細はこちら

by acewaxcollectors | 2018-12-13 12:07 | GROOVE JAZZ | Trackback | Comments(0)